レーシック費用の違いについて

術式による費用の違い

レーシックの費用の違いは、術式によっても事なって来ます。フラップを作成する時にレーザーを使うのか、かんなのような器具で手作業で行なうかによっても費用が異なります。精度が良い手術を選んだり、よりカスタマイズした見え方を選択する場合では、機材の価格も高くなってしまうため手術費用が割高になります。
まず、8万円〜10万円など安価な価格で提供されているものは、マイクロケラトームと呼ばれる金属のかんなを眼の表面にあて、手作業によってフラップを削っていきます。それ程高度な機械を使う分けでは無く費用は安くなります。しかし、最近ではマイクロケラトームを使う事は少なくなってきており、レーザーによってフラップを作成する事が多いです。通常のレーシックより断面が綺麗で薄いフラップが作成できますが、レーザーという機械の特徴からやや割高になってしまいます。
更に精度の良いレーザー照射が可能となり、見え方を調節できるアイレーシックなどの最先端タイプでは、30万円以上など高額になる場合が多いです。眼の強度を得られなければならないスポーツ選手なども高額なタイプを選択しています。
価格は高ければ安心というわけではありませんが、よりその人の眼のひずみにあわせたフラップが作成できるため、合併症が減らせたり、眼の強度を上げられる、角膜が薄くても手術できるというメリットがあります。