レーシック費用の違いについて

レーシック手術は生命保険が適用される

レーシック手術は健康保険の対象外となってしまうため、10万円〜50万円などかなり高額となってしまいます。しかし、個人が任意で加入している生命保険では適用される可能性があります。レーシック手術を受ける前には、必ず今加入している生命保険の適用範囲について調べておきましょう。今までは適用範囲だったが、手術を受ける人が増加している今では適用外と変更している場合もあり、注意する必要があります。レーシック手術を受けるだけの為に加入したり、その後に解約してしまう方が居るため、生命保険会社も適用範囲を厳しくしている現状があるのです。必ずしも受けられるとは思わず、「お金が下りたらラッキー」くらいの気持ちで考えておくと良いでしょう。
実際にレーシック手術の保険金を受け取るためには、診断書が必要となります。診断書は有料ですが、必ず手術を受けたクリニックに請求してください。また、保険金を受け取れるのは手術後となりますから、手術は自費で受ける事になります。給付金の費用は保険会社によってまちまちで、5万円〜10万円程度となります。
注意したいのが給付金目的のみで生命保険に加入してしまうケースです。新しい保険では対象外としている所が多いですし、加入できてもレーシックは一定の年数を加入しないと給付されないものもあるからです。