レーシック費用の違いについて

医療費控除で税金を安くしよう

レーシック手術は保険は適用されませんが、医療費控除として使用することができます。確定申告の時期になったら、医療費控除として使用することで今まで支払った税金が還付されます。レーシック費用以外にも、医療にかかった費用を合算して申告できるため、是非受けておきましょう。還付される金額は既に支払った税金に対してのため、家族の中で一番税金を支払っている人が行うと還付金が高くなりやすいです。
医療費控除は1月〜12月までに支払った医療費が含まれています。本人だけでなく一緒に住む家族の分も合算することができ、合計で10万円以上なら申告できます。レーシックを受けた段階でほとんど10万円を超えているでしょう。手術費用の他、薬代、タクシー代や電車代などの費用も含むことができます。その他薬局で買った医薬品も適用となるため、レーシックを受ける年は忘れずに医療費に関わるレシートを保存しておく事です。電車代はレシートが出ないため記録を記載したノートでも使うことができます。
医療費控除による還付金のもらい方は、お住まいの税務署に問い合わせるか、国税庁のホームページにて詳しい情報を調べることができます。ネットでの作成にも対応しており、医療費の合計や年収などを入力し自分でも作成できます。